2013年03月

アオイスミレ

 アオイスミレも春を喜んでいます。春早くに咲くスミレの一つです。小さく地面にへばりつくようにして花を咲かせます。この清楚な色、たまりませんね。
 
アオイスミレ

カタクリの季節

 さていよいよ大好きなカタクリの季節になりました。今まさに満開です。と言っても写真は昨日のものです。今日は曇っているのでカタクリは花を開いてはいません。
 
 万葉の時代から日本人に親しまれているカタクリ。今はその当時と比べてずっと数を減らしているでしょうが、今でも愛され続けていますね。
万葉集にあるこの歌は有名ですね。大伴家持の歌だそうです。
「もののふの 八十娘子(やそをとめ)らが 汲(く)みまがふ 寺井の上の 堅香子(かたかご)の花」
堅香子(かたかご)がカタクリだそうです。
 
カタクリ
 
カタクリ
 
カタクリ
 
カタクリ
 
カタクリ
 
カタクリ
 
カタクリ
 
カタクリ
 
カタクリ

エドヒガン・ライトアップ

 昨日の事です。私の暮らす町のお隣の町(埼玉県寄居町)にある鉢形城址の中の大きなエドヒガン桜がライトアップされました。ライトアップ自体が初めての試みとのこと。その初日に行ったのですから、気分がいいですね。
 この桜は10数本の幹が株立ちになっていて、まるで合わせて一本の木のように見えます。その枝の広がりが見事で気に行っています。樹齢は150年くらいとのことです。
 
エドヒガン・ライトアップ
 
エドヒガン・ライトアップ
 
エドヒガン・ライトアップ
 
エドヒガン・ライトアップ
 
エドヒガン・ライトアップ

今年初アズマイチゲ

 セツブンソウの次はやはりアズマイチゲでしょう。それにしても早くないか?セツブンソウは1月2月の寒さで遅れたようですが、アズマイチゲはここのところの暖かさで早まったようです。
 ついにスプリングエフェメラルの季節に突入ですね。花粉症さえなければ本当にいい季節なのですが。それでも花粉症に負けずに明日も野に出よう。
 
アズマイチゲ
 
アズマイチゲ
 
アズマイチゲ
 
アズマイチゲ
 
アズマイチゲ
 
アズマイチゲ
 
アズマイチゲ

昨日のセツブンソウ

 昨日、秩父の両神山の麓のセツブンソウの群生地に行ってきました。開園時間の8時30分ちょっと前に着きましたので、まだ駐車場に車はあまりありませんでした。
 花は見頃でした。まだつぼみも沢山ありましたので、次の週末までは大丈夫でしょう。
 いい天気で、全体乾いていたので、セツブンソウにはちょっと・・・・セツブンソウはしっとりしていた方が似合っています。
 帰りにはもう沢山人が訪れていました。
 
 それにしても今年の花粉は凄い。殺人的です。
 
セツブンソウ
 
セツブンソウ
 
セツブンソウ
 
セツブンソウ
 
セツブンソウ

二宮金次郎さんに梅

 ある小学校です。ここはまだ玄関先に二宮金次郎の像が置いてあります。その像の前にある梅が咲きだしました。ちょうど二宮金次郎さんが梅の花かんざしをしているようです。
 
二宮金次郎