2013年01月

キンクロハジロ一直線

 なんだかユーモラスな写真が撮れました。キンクロハジロが一列に綺麗に並んで行進です。先頭は♀続いて♂♂♀♂と続きます。
 行進と言ってものんびりしたお散歩ですね。のどかです。
 
キンクロハジロ

モズ、飛びだした瞬間

 ちょっと遠かったのですが、モズが留っていたので何枚かシャッターを押しました。その時そのモズが飛びだしました。全くの偶然です。
 このような動きのある写真は好きです。
 
モズ

オオムラサキの越冬幼虫

 昨日の事です。谷津の奥に鳥を求めて彷徨していると、小道の脇にエノキがありました。根元には沢山の枯れ葉。これは探さねば。ということで一枚一枚枯れ葉をめくっていきました。たった数分でした。すぐにその幼虫は見つかりました。オオムラサキの越冬幼虫です。「やった!」一人ほくそ笑む私でした。
 その幼虫をどうするでもないのです。写真を撮って、すぐに元に戻しました。来年、この森を飛び交う姿を想像しながら。
 
オオムラサキの越冬幼虫

ロウバイ

 春が遅いですね。いち早く春を感じさせてくれる梅がまだ全然咲きそうにありませんし、普通ならもう結構咲いているロウバイもやっと一分咲きくらいです。年取ると年々寒いのが嫌いになってきます。早く春が来ないかな~。
 
ロウバイ
 
ロウバイ
 
ロウバイ

オオタカとチョウゲンボウ

 今日は何か出ないかと冬の広い田んぼの中をゆっくりと車を走らせているとオオタカが出ました。それを目で追っていると横からチョウゲンボウが出てきました。そしてオオタカに突っ込んでいったのです。気が強いですね。小さい猛禽ほど気が強いようです。ツミも小さいけれどとても気が強いですからね。しかし、殺し合いをするほどではありません。しばらくするとなんとなく離れていきました。
 
オオタカとチョウゲンボウ

藪の中のウグイス

 ウグイスは生活のほとんどを藪の中で過ごします。繁殖期の雄はちょっと目立つところでさえずりますが、他はほとんど藪の中です。
 繁殖期以外はさえずりは無く、地鳴きの「チャッチャッ」という声を頼りに居場所を探します。藪の小枝が揺れてその居場所を教えてくれます。居場所が判っても姿はなかなか見えません。隠れて辛抱ずよく待っていると、藪の端にその姿を見ることができます。
 
ウグイス
 
ウグイス
 
ウグイス
 
ウグイス

ふっくらジョウビタキ

 よっぽど寒いのでしょうか。羽毛に空気をいっぱいため込んでふっくらとしたジョウビタキです。そんなジョウビタキの写真を撮る私も着こんでふっくらおじさんになっていました。
 
ジョウビタキ

雪の残る谷津の奥で

 今日も雪の残る谷津の奥で小鳥撮り。でも、おなじみのアオジとクロジとシロハラばかり。なんだかマンネリしてきちゃって飽きてきました。こんな動きのある写真が撮れれば同じ鳥でも面白いのですが。
 
アオジです。ピントが尾羽にきてますが。
アオジ

オオタカ飛翔

 今日は色々鳥を撮ったのですが、今一納得の写真がありません。ただ、最後に撮ったオオタカは綺麗でした。夕方の横からの光でしたのでちょっと体を傾けるとオオタカのお腹側に光があたってよく見えました。
 かなり遠く、かなりトリミングしてあります。
 
オオタカ

雪の日の風景

 「父さんは何でも撮る」という題名なのに殆ど鳥ばかりじゃないか。この時期は他に撮るものがないのです。でも、一昨日の雪の日は鳥だけではなく風景も少し撮りましたので載せておきます。
 
谷津田の奥の池
谷津田の奥の池
 
さらに奥 谷津のドン詰まり
谷津のドン詰まり
 
こういう所で前に出したクロジやアオジの写真を撮っています。