2014年02月

オオタカがコガモを捕える

 オオタカがコガモを捕える所を目撃しました。
 
 オオタカがコガモを捕まえるとすぐに近くのカラスたちが集まってきました。カラスに囲まれたオオタカはカラスを威嚇したり追ったりしてコガモを離す事があります。しかしコガモはすでに羽を痛めているのでしょう飛ぶ事ができません。水に逃げ込むのですがすぐにオオタカに捕まってしまいます。オオタカは水の中でコガモを捕まえると泳ぐように羽を羽ばたかせながら岸まで運びます。そんな事が幾度か有りました。その状態の連続写真です。
で、オオタカはこの御馳走を食べられたかというと、実はダメでした。カラスだけの時は何とかなりそうだったのですが、トビがやってくると状況が変わりました。トビにパニくったように騒ぎ出したカラスに驚いてオオタカはコガモを離して近くの木に止まりました。獲物をちょっと離すくらいならすぐにとらえる事が出来るのですが、そこまで離れてしまうと、獲物をカラスに囲まれてしまい、それを取り返すことはできなくなりました。カラスに囲まれ獲物を見失ったのかもしれません。
オオタカはくたびれ儲け。トビもちょっとちょっかいを出しただけ。結局カラスの勝利になったようです。「ようです」というのはカラスがコガモを食べているところは見る事はできませんでしたから。
コガモがオオタカに捕えられるのも自然の厳しさですが、そのオオタカですら捕えた餌を食べられないという厳しさ。今回はカラスの勝利でしたが、何時もそうとは限らないでしょう。
改めて自然界の生存競争の厳しさを見た気がしました。
 
オオタカ
 
オオタカ
 
オオタカ
 
オオタカ
 
オオタカ
 
オオタカ
 
オオタカ
 
オオタカ
 
オオタカ
 
オオタカ
 
オオタカ
 
オオタカ
 
オオタカ
 
オオタカ